不動産を所有した時の管理

一戸建ての不動産を所有した場合、その管理は全て自分で行わなければなりません。
しかし、マンションの場合には自分で管理するスペースが限られています。集合住宅では専有部分と共有部分とが明確に区別されています。実際には専有部分のみを管理することになります。
専有部分とは玄関ドアの内部で、そこから外はすべて共有部分となります。


建物のエントランスやエレベーター、通路や階段、ゴミ置き場などが共有部分となりますが、これらの部分は自分で行う必要はありません。
管理組合は、所有者が全員参加する組合組織ですが、基本的には共用部分の管理を行います。

長期的に修繕することが必要になることもありますから、そのために修繕積立金の管理なども行います。

組合員が何らかの作業をすることもあるようですが、最近では委託された不動産管理会社が全て行うことが多いです。


共用部分と専有部分というのは区別が難しいところもあるのですが、例えば玄関ドアは共用部分となります。ですから、勝手に変えるわけには行きません。


窓サッシやベランダも同じように共用部分となりますから注意が必要です。


不動産を取得すると言っても集合住宅の場合には、全てが自分のものになるわけではありませんから、このようにいろいろな決まりがあります。

具体的にどのような決まりがあるのかは管理規約を見ればわかりますから、購入する前には、一度は管理規約を見て、どのような生活を送ることができるのかをイメージしておきましょう。

浜松でリノベーション賃貸関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

新聞で建設関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

千葉で貸し工場情報をご紹介いたします。

人気のある浜松空室が話題になっています。

アルミサッシの情報を求める人におすすめです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1199744766

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12103643487

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4057685.html

関連リンク

住居としての不動産の種類

住居としての不動産を購入しようと思った際に、一戸建てかマンションから選ぶことが必要となります。どちらかに決めている人もいるでしょうが、どちらにしようか悩んでいる人もいるでしょう。...

more

不動産を所有した時の管理

一戸建ての不動産を所有した場合、その管理は全て自分で行わなければなりません。しかし、マンションの場合には自分で管理するスペースが限られています。...

more