賃貸物件なら条件を明確にして探そう

  • 不動産賃貸事業はレバレッジをかけるのが基本

    • 賃貸不動産事業を行うには、多額の資金が必要となり、多くのケースで自己資金だけでなく借入金を併用して賃貸物件を手に入れることになります。



      また、自己資金がふんだんにあって、借入しなくてもその物件が購入できる場合であっても、あえて借入をする場合もあります。
      あえて行う場合は、レバレッジ効果を狙っていると考えられます。



      レバレッジ効果とは、借入金の利子率がその借入資金を投じた投資対象の利回りを下回るときは、借りれば借りるほど、その投資物件から生じる利益を自己資金で割った利回りは向上していくというものです。



      これができる金利の状況であれば、自己資金の金額に関わらず、どんどん自己資本利回りを上げていくことが可能です。



      レバレッジはてこの原理の意味ですが、借入を併用することにより少ない自己資金で大きな利回りを得ることが、まるでてこの原理のようであることからそう呼ばれるようになりました。



      賃貸不動産の購入資金として借入をする場合、その購入する不動産は担保にできるということも、不動産投資においてレバレッジが注目される理由です。



      不動産投資には、実物投資だけでなく不動産投資信託への投資という方法もあります。



      代表的な不動産投資信託はJリートですが、このJリートのすべての銘柄が、投資物件を購入する資金として投資者から集めたお金だけでなく、なんらかの借入を併用します。



      これによってレバレッジをあげることが目的です。

      その結果、投資者から見ると利回りが向上することになるのです。

  • 関連リンク

    • 賃貸契約は物件のオーナーと借りる側の契約で行いますから、例えば、敷金や礼金の有無や家賃の額の設定などに関しては、途中で変更になることもあります。なぜ、このようなことが起こるのかというと、賃貸物件のオーナーとしては、お部屋が空室になることを防ぐために、条件を変えてでも入居者を集めようとするからであると考えられます。...

    • 学生になる為に県外へ引越す事になった、転勤、単身赴任の為に県外へ引越す事になった場合、まずは賃貸物件を探す事になります。何年お世話になるか分からないのですが、探すからには良質の物件を見つけ出していきたいものです。...