賃貸物件なら条件を明確にして探そう

  • 良質の賃貸物件を見つける

    • 学生になる為に県外へ引越す事になった、転勤、単身赴任の為に県外へ引越す事になった場合、まずは賃貸物件を探す事になります。



      何年お世話になるか分からないのですが、探すからには良質の物件を見つけ出していきたいものです。



      もし、引越した先で早々トラブルに見舞われたりすると、やっぱり他の所と契約すればよかったと後悔する事になりますのでそれは避けましょう。

      良質の賃貸物件を見つけるには、粘り強く物件を見て回る事が基本です。



      不動産に行って希望を伝えるととりあえず何件か紹介されるのですが、1件目でいいと思って契約してしますと、後で紹介してくれる物件の方がよかった場合に損をしてしまうのです。



      そうならない為にも、1件目がかなりよかったとしてもとりあえず保留という事で、2件目を紹介してもらった方がいいでしょう。



      1件目を紹介してもらった時、ここで2件目に行かず契約をしてもらうと家賃をいくらか負けてくれる事もあります。



      もちろん、本人が満足して契約出来るのが一番なのですが、1件目に紹介されるのはあまりよくない物件である事が多いので、即決するのはあまりおすすめはしません。

      良質の賃貸物件を見つける為には根気強くいかなければいけません。



      紹介してもらった時、その場ではこれくらいの物件でいいかと思うかもしれません。



      どこで暮らそうが永く暮らしていると欠点が見えてくるものと考えるかもしれませんが、とりあえず何件か見て回るくらいの気持ちで不動産へ行った方が良質物件に会える可能性は高くなるのです。


  • 関連リンク

    • 賃貸契約は物件のオーナーと借りる側の契約で行いますから、例えば、敷金や礼金の有無や家賃の額の設定などに関しては、途中で変更になることもあります。なぜ、このようなことが起こるのかというと、賃貸物件のオーナーとしては、お部屋が空室になることを防ぐために、条件を変えてでも入居者を集めようとするからであると考えられます。...

    • 学生になる為に県外へ引越す事になった、転勤、単身赴任の為に県外へ引越す事になった場合、まずは賃貸物件を探す事になります。何年お世話になるか分からないのですが、探すからには良質の物件を見つけ出していきたいものです。...