• 中絶を東京で検討する際の注意点

    これから中絶を東京で検討している方はいくつか注意点があります。まずこの手術を行うには法律を守る事が大切です。


    その他にその後の妊娠に影響がないかなど慎重に医師と相談をする事が大切になります。
    母体保護法という法律で決められた妊娠期間を過ぎると、人工的に死産の形の処置をする必要があるので注意が必要です。

    東京の中絶の為になる情報です。

    東京で中絶が可能な期間は妊娠5週目から12週までと母体保護法という法律で決められています。実際に婦人科の診察を受けて妊娠何週を経過しているか、母体への影響について医師の意見を参考にします。



    医師の意見を参考に詳しいスケジュールや費用を確認する事が大事です。



    病院を決める際に、信頼ができる医師かどうか判断をします。プライバシーが守られる施設である事や、安全な手術を受ける事が可能か確認をすると良いです。


    必要に応じて土日や祝日でもこの手術の対応をしてくれる施設を探す必要があります。

    場合によっては診察当日にこの手術が行える場合がありますが、事前に問い合わせや予約をしておく必要があります。

    この手術にかかる時間はおおよそ2時から3時間程度で費用は保険が適用されないので全て実費扱いで12万円程度ですが、当日そして翌日はあまり無理をしない日程で手術を行う事が大切です。東京で中絶を希望する方は、事前に医師から注意事項などを確認する必要があり、もし帰宅後に出血が多い場合はすぐに医師の受診を受けるようにする事が大切になります。