• 東京での中絶も早いほうがいい理由

    中絶はとてもデリケートな問題です。
    望まれない出産はすべきではありませんが、命が誕生するかどうかという事がかかっているのですぐに決めるのは難しいです。



    東京で中絶をする場合でも、できれば多くの時間をかけて結論を出したいところですが、あまり長く考えている時間はありません。

    日本では、中絶手術をする場合は、21週と6日までにしなければなりません。
    母体保護法という法律を根拠にそれ以降は手術そのものができなくなります。


    そして、その期間であればいつでも良いという事でもなく、できるだけ早く手術をすべきです。妊娠している期間が長くなればなるほど、手術そのものは難しくなりますし、いろいろな意味で負担が増えます。

    初期妊娠期間と呼ばれる時に手術をすることができれば、身体的負担は比較的少なく済みます。



    日帰りの手術も可能です。

    東京ならそういったクリニックを探すことも難しくはありません。
    経済的な負担もこの時期であれば比較的少ないです。

    初期妊娠期間を過ぎてしまうと、手術は一気に難しくなります。基本的には分娩と同じ方法で行うことになります。
    薬で陣痛を促し、胎児を外に取り出すという方法です。



    経済的負担、身体的負担は大きくなりますし、精神的なダメージも大きくなります。信頼できる人に相談をしながら、また自分の中でもいろいろなことを考えながら決断したい問題ではありますが、早く決めなければならないというジレンマにさいなまれる人がとても多いです。

    クリニックの選択肢は多い東京ですが、できるだけ初期妊娠期間に中絶手術が出来るよう、集中して考える方が良いです。